リース 赤

リース【こだわりのポイント:流れ】
やはりどの角度から見ても隙間なく、かつ自然に(ムリヤリ感がないように)埋めていった点です。
花をわざと斜め向きに配置したあとにできる隙間に、花びらを置いていきます。ただ埋めたらいいわけではない。流れが大事。

全部の花の顔が同じ方向を向いているような、平面的な組み上げ方が好きではありません。
動きをつけたいです。その辺りはフラワーアレンジメントを長くやっていたので、どうしてもその感覚で仕上げます。

ふんわりのびのび咲いている感じは、出ていますでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です