母と一緒にカルトナージュ

ご無沙汰をしております。けっこうな雨の日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日はカルトナージュの写真をご紹介させて下さい。

blog303

最近手術をしたので、母が遠路はるばる泊まりに来てくれていたのですが、暇な時間があったので母にカルトナージュを教えました。

南フランスの定番カラーである、薄いグリーンとラベンダー色のコーディネイト。レースや縁取りのリボンがポイントです。

初めての挑戦なのですが、仕事の丁寧さ、仕上がりの上出来さに驚きました。

見ていたら私もやりたくなったので、リハビリを兼ねてやってみました。

意外なことに、作業中動きの大きいカルトナージュよりも、指先だけの作業であるつまみ細工の方ができません。力は使わないはずなのですが、やはり作業が細かすぎて地味に負担がかかるのでしょうか??

今回のカルトナージュですが、腕が思うようにきかずモタモタしながらも、なんとか出来上がりました。

blog304というかこの柄!派手ですよね?☆ グラデーションなど色使いがかなりきれいな立派な布なのですが、使ったことのない派手さ…。

フランスの義母から送られてきた布の中で、一際目立っていたのがこちらで、今回思い切って挑戦してみました。途中何度も「やっぱりヘンだ…使いこなせる気がしない…」と布地のパワーに圧倒されかけましたが、頑張りました。

中はサテンの鮮やかオレンジを貼り、太陽ギラギラなイメージです。

次は打って変わって、大人しいレトロ系を作る予定ですので、また見てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です