【2017 南仏の夏】チョコレートのアトリエ

 フランスに行ったら何か物づくりのワークショップに参加したいなと考えていて、近所のショコラティエにお願いして、チョコレートのワークショップをやってもらいました。こんなに本格的なものをやれせてくれるとは…予想外で急に緊張!

 まずはユニフォームを着て、気分はショコラティエ。

 チョコレートは熱が大敵なので、常に冷たい大理石のテーブルの上で扱います。

チョコレートを台に伸ばすシーンはいかにもショコラティエ。やってみたい作業の一つですが、これがまた難しい!モタモタすると温度が変わってしまいツヤもなくなるのでやり直し。やり直すには、またテンパリングし直すところから。

刻一刻と冷えて固まっていく中、少しでも固まってきたら、絶妙な温度に戻す為にバーナーで鍋の外を軽くあぶります。この加減は私達にはわかりません。そしてこの面倒な作業を一体何度繰り返すのか…。チョコレートを操るというのは、それはそれは面倒です。

 プラリネは、外側はパリッとしたチョコ、内側は柔らかいチョコ。

硬いチョコを型に流し込んで余分な部分は捨て、内側用に作った固さの異なるチョコを入れるのですがこれにも技があり、また硬い方のチョコで蓋をする。それも難しい。全てが難しい…。

こんなに手間隙、体力、職人技術、食材&機材が揃ってやっと出来上がる宝石のような一粒のチョコレート。高価で当然だと思いました。

 スピーディーさと丁寧で繊細かつ的確な技術のあわせ技。丁寧だけどやたらと時間のかかる私のつまみ細工も、こうできたら革新的だなと思ったりしつつ。

 職人。手仕事。私も自分のできる範囲内で最大の手間隙をかけてつまみ細工に取り組んでいます。そんな中自分が買い物をするときは、自然と職人の作ったものをより好むようになりました。

ファストファッションや大量生産の安価で無難な工業製品を楽しんだこれまでの時代。そしてAIとともに変わっていくこれからの時代。一見未来とは逆行した存在に見える昔ながらの手仕事や職人たちが、実はこれから重宝がられるのだろうと思います。だから手仕事をやっているわけではないけれど、時代がどう変わっても、私は手仕事を愛し尊敬し続けるだろうと、改めて思いました。

TOP