ハットピン2018

五月というのに連日雨の日が続きますが、夏帽子の準備をする季節になりましたね。
帽子はお洋服のように毎回違うものというわけにもいきませんが、ハットピンで雰囲気を変えるだけで、違った印象で楽しめるので、ハットピンは重宝するアイテムだと思っております。

元々ハットピン用の金具で作っているものもあれば、ブローチをハットピンのように使用しているものもあります。

私は個人的には、夏になるとネックレスや耳飾りなどを付けるのが好きではありません。
日焼け止めなどで十分暑苦しいのに、その上にアクセというのが気になります。
だから肌に直接身につけるわけではないブローチやハットピンが、大活躍する季節です。

ところで夏の麦藁帽子は、なんだか人とかぶりがちではありませんか?
全く同じとはいかなくても、パッと見ほぼ同じに見えるというような…。

以前お気に入りのストローハットをかぶって出掛けたら、電車のお向かいに座っているドリフっぽいおじさまと一見お揃いで、多分あちらもそう思っているようで、やたらと気まずかったことがありました。
普通のベージュの麦わらに黒リボンだから、みんなと同じで当然なんですが…。
ふと街を見渡すと、同じ黒リボン麦わらのおじさまがいっぱいいることに気がつきました。
全然いいんですけど!!おじさまが悪いわけでは決してないんですけど!
言いたいのは、それだけみなが同じだったということです。

それ以来、好きなものには、更に自分だけの帽子だとわかるような個性を一つ足したいなと思うようになりました。

blog820
こちらは最近誕生した『あざみ』シリーズです。
元々はハットピンとして作ったわけではありませんでしたが、このデザインは女性だけでなく男性にも自然なデザインだと思ったので、急いでハットピンとして使えるように男性カラーを作りました。

一見同じような帽子でも、あざみをつけた男性。淡い色の紫陽花をつけた女性。など、街行く人の夏帽子に、一輪のお花。みんなが思い思いの味付けを楽しんでいる。

そんな光景を想像してしまいます。