ペケなモノ展

 8月最後の週は、銀座で開催のグループ展に参加致します。

 銀座の喧騒の中、ドアを開けたら別世界。
知る人ぞ知る大人の隠れ処的なギャラリーショップです☺︎ “うとうと”さんでできることが嬉しくてたまりません。

 古いビルの8階まで上がったら、隠し階段?があって、そこを登ると隠れ処のドアがあるんです。
初めて行った時、秘密の場所を見つけたようなドキドキがありました⚘

 招待状なしでどなたでも、普通のお店として普通に入れますので、是非お気軽に見にいらしてくださいませ。
まったりくつろいでいってもらえたら幸いです。 

開催概要

期  間:2019年8月27日(火) 〜 2019年8月31日(土)
時  間:12:00~18:00
会  場:うとうと
住  所:中央区銀座2-4-1 銀楽ビル9F(8F+1)
最寄り駅:銀座1丁目駅、有楽町駅

※懇親会 8月28日(水)16:00~ 会費1000円


参加メンバー

  • ペケキムラ(革のバッグ)
  • ムュゲ(花と道具)
  • Kai(懐玩具)
  • MAKIKO(ドライフラワーアレンジ)
  • VA PLA(つまみ細工)

アクセス

手つくりと おしゃべりと お茶と
【暮らしをいろどるお店 うとうと】

※Google mapsは『銀楽ビルディング』で検索。

銀座中央通り
メルサ銀座とハリーウィンストンを背にしたところ。
ここから進み左側に銀楽ビルがあります。
有楽町駅方面から。
ここを進んで右側に銀楽ビルがあります。

1、2軒隣り?のすぐ近所に、キルフェボン グランメゾン銀座がありますので、ついでにおいしいタルトでカフェタイムをお楽しみいただくのもいいと思います。

折角お越しいただくので、周辺も満喫してください!

赤坂蚤の市 5周年アニバーサリー

 毎月参加させていただいている赤坂蚤の市が、5周年アニバーサリーということで、有名ブランドも多数参加し、特別開催となりました。

個人的には一度も休まず、一番長く続けているイベントがこちらです。あ、一度だけフランスへ行く日と重なり、欠席しました。

 毎年アニバーサリーの時は、かなりのお客様がご来場くださっておりましたが、今回は驚くほどでした。

私もお客さん気分で楽しみにしていた部分もあり、もちろん出店者としてはりきった品揃えで臨みました。

 赤坂蚤の市は、主催の森ビル株式会社の方々、運営事務局の皆様が熱心で温かいからか、参加者もお客様も、みんなで作っている会場全体の雰囲気が、とても明るく個性豊かでポジティブに感じます。その中にいることが大好きです。

今回も一日中とても素敵なお客様に囲まれて、大変幸せな二日間を過ごさせていただきました。


新しい箱:白

blog812.JPG箱を二種類作りました。黒についてはこちら

二つ目は白。
ご進物のシーンによっては、黒は合わない場合もあり得るため、明るい白も作りました。
「つやつやコーティングの白はなんかダサいよねぇ…。」と、勝手なイメージにこだわり続け長い間避けてきたのですが、ある日突然ふと有田焼の白磁のように見えた瞬間から、一気に出来上がりました。

光沢のある白い箱を白磁に見立てることで、和であり洋でもある古い食器をイメージしました。

『和であり洋でもある』というところが私にはとても大事で、それはVa Plaそのもの、私の人生そのものだと思います。
私はフランスやイギリスなどヨーロッパへの憧れがある一方で、日本が大好きです。
今や家族と友人の半分はフランス人。
いつかフランスに住む日が来たとしても、不安があるからこそ、自分が日本人であるということを大切にしていきたいです。
その想いから、つまみ細工にしてもディスプレイにしても、いつも両方の国が頭にあります。
例えばブローチですと、日本だけでなくフランスの石畳の街並みでつけて歩いても、違和感ないか。
外国の方から見て、日本人らしいなと感心してもらえる色使いや細やかな手仕事が伝われば嬉しい。

blog817横道に反れましたが、箱のイメージ。

1867年パリ万博。
江戸幕府より、有田焼が世界に紹介され、ヨーロッパを魅了しました。
マイセンなどでも有田焼にならったシリーズがたくさん作られたそうです。
着物の柄でもお馴染みの波模様、『青海波(せいがいは)』。
ヨーロッパの食器にもよく登場するこの柄を、自分なりに手書きしてみました。

ちなみに『青海波』
母なる海→果てしなく続く波→永遠の幸せを意味する柄だそうです。

黒も白も、ラベルには蝋引きを施しております。それにより紙が透けるような滲むような不思議な質感になりました。
そんな点にもご注目いただけますと、嬉しいです。

 

新しい箱:黒

blog810白と黒、箱を新調しました。
今回から箱自体は手作りではなく、既製品です。
ラベルを手作りしております。ラベルデザインから、紙選び、蝋引き加工&カットなど、すべて自分で行っておりますので、多少の手作り感はよしとして頂けると幸いです。

まずは黒。
今までは白を基調にしていたので、黒はなし!と思っていたのですが、赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETANで、アンティークの黒い器などをVa Plaのディスプレイに使っていただき、それがとても新鮮で素敵に見えたことがずっと頭にありました。

つまみ細工のように作り込んだ細かさ&手作りの要素を入れたいと思い、試行錯誤の結果こちらになりました。

イメージしたのは、まだプリンターがなかった時代の、古いファッション雑誌。
縁の細かい縞々は、あえてパソコンで均等に書かず、手書きで線を引きました。

フロントには今までどおり、世界純文学の中から、花にまつわるフレーズを書きました。

黒も白も、ラベルには蝋引きを施しております。それにより紙が透けるような滲むような不思議な質感になりました。
そんな点にもご注目いただけますと、嬉しいです。

最後に今までの箱。こちらも大好きで、これからも時々使う予定です。

 

ギフト

blog816Va Plaではありがたいことに、ギフトとしてのご利用がとても多いです。

誕生日やクリスマスプレゼント、母の日。
また結婚するご友人へ。
お見舞いのお品として。
90歳になるおばあちゃんのために孫一同からのプレゼント。
お子様の入学式を控えたご夫婦が、お揃いでつけて出席するため。
あるいはレストランウェディングの新郎さまのコサージュに。
七五三の男児のスーツ姿に付ける用に、おばあちゃんからの贈り物として。
新婦から両家のお母様へサプライズギフトに。
受験合格の女の子へのお祝いに。
お嫁さん二人にお義母さんからプレゼント。

さまざまなシーンにご利用いただいております。
こうして振り返ると、結構大事な記念のお品としてお選びいただく機会が多いなと思いました。

blog804本物の花束を贈るように。
でも本物の花束を持っていくのは気恥ずかしかったり、大げさになりすぎたり何かと気を使いますが、その点手作りのお花というのは本物のお花と同じくらい気持ちは伝わり、さり気なく渡しやすく、思い出として後にも残り、箱を開けるまでのドキドキも開けた瞬間の感動もある。
なにかと“ちょうどいい”かもしれませんね。

ちょうどいいという言葉が適切かわかりませんが、しっくりくるプレゼントを探すのは本当に大変なので、それにお選びいただくことは、とても光栄であり身が引き締まります。
初期の頃からギフト利用が多いため、普段から常に『記念のお品にも相応しいものを』と念頭に置いて、送り主の代わりに私が作っているという気持ちで、心を込めて作っております。

TOP

赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN

1801_蚤の市_新宿

日頃お世話になっている赤坂蚤の市が、期間限定で伊勢丹新宿店に出現します。

Va Plaも一週間参加させていただきますので、年末年始もこのために制作の日々で過ごして参りました。みな楽しみに準備してきたイベントですので、是非お越しくださいませ。

以下、赤坂蚤の市プロデューサーのサイトより抜粋致しました。


概要

アンティークの家具や雑貨、古着やジュエリー、ライフスタイルを彩るクラフトアイテムや作家作品など、さまざまなジャンルの 出店者が集い、毎回多くの人々で賑わう「赤坂蚤の市」が、アークヒルズ アーク・カラヤン広場から新宿伊勢丹本館 2F ザ・ステージ♯2 に場所を移し、初のポップアップショップをオープンします。
会場には、「赤坂蚤の市」に出店している出店者 の中から選りすぐりの23店舗が登場し、1 週間のうち前半と後半で一部店舗も入れ替わります。

出店者との出会いや語らいの中でアイテム 1 つ 1 つの背景にある物語を知ることができるヴィンテージやアンティークならではの奥深さを感じ たり、「宝探し」の感覚でショッピングをすることの楽しさに気付かせてくれます。
「赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN」 は、ファッション感度の高い方が集う新宿伊勢丹を舞台に新しいライフスタイルを提案し、今まで出会ったことのなかったア イテムとの出会いや、人と人との繋がりの場を提供します。


▪「赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN」
▪2018年1月17日(水)~23日(火)
▪新宿伊勢丹本館 2 階 ザ・ステージ#2
▪参加店舗数: 23 店舗 ※前半~20/後半21~で一部出店者入れ替え 。

イラストレーターの森山標子さん

文鳥の髪飾りイベント出展の際に、『髪飾りのオーダーも承っております。』ということが伝わるポスターのようなものがほしいなと、ずっと思っておりました。

そこで思い切って、以前からインスタグラムでファンだったイラストレーターの森山標子さんに、ご依頼いたしました。
『兄弟の結婚式に参列する為に身支度を済ませた女の子』です。ふっくらした桜文鳥が鏡台の上から女の子を見ている姿は、とても愛らしいです。
しなこさん作品の象徴であるうさぎさんも当然入れていただくつもりでしたが、今回は作家さんのおすすめの構図に合わせて、あえて“文鳥さん二人”をチョイスしました。
これから大切に、長いお付き合いになるイラストとの出会いとなりました。

早速イラストをイメージして、遊びで髪飾りを作ってみました。あと桜文鳥イメージのブローチ。blog753

イラストに文字などを入れポスター化する部分は、作家さんのおすすめにより、私が担当させていただきました。素晴らしいイラストの邪魔をしないように、シンプルに。

いざイベントで飾るにあたり、ポスターとして印刷しても、屋外イベントが多いので不向きだし、結局絵本のような形状で、フォトブックを作りました。
ただ発色が、実際の絵の色よりも全体的に強くなってしまいました。
実物の柔らかで温かな色や筆遣いの繊細なタッチなどが十分に再現できていないのが残念ではありますが…。


もしイベントなどでこちらのイラストがお目に留まりましたら、是非お気軽にお手にとって、この繊細で愛らしい世界を楽しんでくださると、とても嬉しいです。(ちなみに中身は、髪飾りの過去作品の写真です。)

これからこの絵と一緒に、みなさまに愛される髪飾りを生み出していけるよう頑張ろうと思います。

イラストレーター:森山標子(Schinako MORIYAMA)

うさぎと飼い主の女の子の日常のワンシーンを主に描かれることが多い、世界中にたくさんのファンをお持ちのイラストレーターさんです。
人物の穏やかな性格やその瞬間の心境、その場の幸福感など、“描いていない部分”を想像させてくれる、ストーリーを持った絵だといつも思います。
今にも動き出しそうなうさぎさんが、しなこさん作品のトレードマークになっているようです。
インスタグラムでは、365日作品を投稿されていますので、必見です。

Websiteはこちら
Instagramはこちら

箱のラベル

blog736箱作りはラベルデザインから全て、自分で行っております。

箱の側面にはいろんな英文字が書かれております。
世界文学の比較的有名なフレーズの中で、花にまつわるもの、またはお花アクセサリーを選ぶ・贈る・身につけることにも当てはまるなと思えるものを選びました。

赤毛のアンシリーズ

  • アンの言葉

Do you think amethysts can be the souls of good violet ?
「紫水晶って、おとなしいすみれたちの魂だと思わない?」

Wouldn’t it be nice if roses could talk ?  I’m sure they could tell us lovely things.
「バラが話せたらすてきじゃないかしら。きっと、すばらしく美しい話を聞かせてくれると思うわ。」

Looking forward to things is half the pleasure of them.
「何かを楽しみにして待つということが、そのうれしいことの半分にあたるのよ。」

Isn’t it splendid there are so many things to like in the world ?
「この世の中にこんなに好きなものがたくさんあるって、すてきじゃない?」

There are always sure to be more springs.
「春はあとからあとから、いつでもくるのよ。」

I love to smell flowers in the dark. You get hold of their soul then.
「暗がりの中で花の香りを嗅ぐのが大好きよ。花たちの魂を感じられるわ。」

  • デイビーがマザーグースを引用

“Roses red and violets blue, Sugar’s sweet, and so are you.”
「『ばらの花は赤い、すみれは青い、砂糖は甘い、あなたもその通り。』」

その他

  • Victor Hugo

La vie est une fleur, et l’amour en est le miel. -Victor Hugo.
【英訳】Life is a flower of which love is the honey.
【直訳】人生とは一輪の花。愛はその蜜である。

  • ピエール・ド・ロンサール

Cueillez dès aujourd’hui les roses de la vie.
【直訳】今日からでも、人生のバラを摘みなさい。
【意味】人生のこの日を楽しみなさい。

  • シェークスピア

Stop and smell the rosed. – by Shakespeare
【直訳】立ち止まって薔薇の香りを嗅ごう。
【意味】落ち着いて自分の周囲にあるもの見回し、美しいものに感謝しよう。

  • 不明

フランスのお花屋さんなどでよく見かけるキャッチフレーズです。「大切な人の笑顔や幸せを想う気持ちを、お花に込めて贈りましょう。」という意味合いだと思います。

Une fleur, une sourire.
【直訳】一輪の花、一つの笑顔。

Dites-le avec des fleurs.
【英訳】Say it with flowers.
【直訳】花を持ってそう言いなさいな。

※以上、全て正式な訳というわけではありません。


箱などラッピング関係について。

  1. 手作りボックス
  2. 二種類の箱
  3. ショップカードのマイコさん

ショップカードのマイコさん

blog735イベントの際に舞妓さんの絵のショップカードを置いておりますが、お陰さまで大変人気です。

よくいただく質問ですが、一応自分で描いたものです。
絵が下手すぎて数え切れないほど同じ絵を描き、一番うまくいったパーツを福笑いの要領で組み合わせるという、パソコン編集ありきでやっとできた舞妓さんです。気楽なタッチなのでさらさらっと気まぐれに描いた絵のようですが、実は努力の結果生まれたまぐれの一枚となりました。

伝統工芸らしさといいますか、呉服屋さんっぽさはVa Plaにはございませんので、舞妓さんをキーワードに使うことには長い間抵抗がありました。でも蓋を開けてみますと思いの外ご好評で、『和の伝統工芸で洋風のものを作っております。』というのがわかりやすくお伝えできているようで、ホッといたしました。

もともとつまみ細工を始めたのは、何か日本人らしいことができるようになりたい。日本以外のどこでどんな暮らしをしていても、そこで道具も揃い、おばあちゃんになっても続けられ、自分は日本人であると思える何か。そんな視点でトライしてみたことが今につながっているので、そんな想いもVa Plaのマイコさんに託されている気もしてきました。

ちなみにですが、時々登場するこの猫は(TOPへ戻るマーク)、マイコさんのペットのつもりで描きました。二人とも若干ぽってりしていますね。

どこかのイベント会場でこちらのショップカードが偶然お目に留まり、もしも気に入ってくださったなら、お気軽にもらってやってくださいませ。

TOP

二種類の箱

箱箱は現在舞妓さんと葉っぱの二種類ございます。

イベントではお選びいただいておりますが、人気は半々です。
パッケージの目標イメージは、西洋のものも入り始めた頃の日本、古き良き時代の雰囲気、そして手仕事感。

元々私自身が、大変な箱好きです。
お菓子の缶かんなど、子供のときからかわいい箱への憧れが強く、箱までかわいいと幸せいっぱいになれます。だから少しでもそのように感じてもらえる箱に入れたいという想いがあり、箱作りには商品と同じくらい真剣に取り組んでいます。

ラベルデザイン、印刷、箱の上下の寸法やカットなど、全てを自分で試行錯誤しながら作っております。
既製品の箱のようにピシッとはいかない部分もありますが、気持ちだけでも伝われば幸いです。

嬉しいことに「箱もずっと使っていますよ。」とのお声も頂けるので、棚に置いているときに側面にもデザインがある方が、遠くから見てもかわいいかなと思い、側面前方にだけ英文字のラベルを貼ることにしました。何個もお持ちくださる方には、積み上げたり並べて置いても統一感があって様になるようになったかな?と思います。

TOP