赤坂蚤の市 5周年アニバーサリー

 毎月参加させていただいている赤坂蚤の市が、5周年アニバーサリーということで、有名ブランドも多数参加し、特別開催となりました。

個人的には一度も休まず、一番長く続けているイベントがこちらです。あ、一度だけフランスへ行く日と重なり、欠席しました。

 毎年アニバーサリーの時は、かなりのお客様がご来場くださっておりましたが、今回は驚くほどでした。

私もお客さん気分で楽しみにしていた部分もあり、もちろん出店者としてはりきった品揃えで臨みました。

 赤坂蚤の市は、主催の森ビル株式会社の方々、運営事務局の皆様が熱心で温かいからか、参加者もお客様も、みんなで作っている会場全体の雰囲気が、とても明るく個性豊かでポジティブに感じます。その中にいることが大好きです。

今回も一日中とても素敵なお客様に囲まれて、大変幸せな二日間を過ごさせていただきました。


やまみち2018

blog795

もうすぐ始まる“赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN”に向けて、たくさん作ったお花を一部ご紹介致します。

2017年初夏に作った“やまみちハットピン”を、リニューアルしました。

より小ぶりに

まずハットピン自体を短いものに変えたので、それに合わせて全体的に小さく、それに伴い花の中央のデザインもより軽やかに変更しました。
小さくするにあたり、中のワイヤーの組み方や葉っぱの土台がかなり小さくなったり、見えない部分が大きく変わり、何倍も難しくなりました。でもその分魅力的なお花が作れたと思っております。

 

2017バージョンは花芯にツブツブのペップを使用したので、砂糖菓子のような素朴なかわいらしさがあったと思います。

元々『木漏れ日の中、山道をお散歩中に出会う野の花を一輪だけ帽子にそっと飾りたくなる』そんなシーンをイメージして生まれたシリーズです。

帽子だけでなく、ブローチとして、ストールピンとしてお使いいただくのも素敵です。

普通のハットピンはくるくる回ってしまい、ブローチやハットピンとして使うとすぐに裏を向いてしまうので、なかなか帽子以外には使いにくい面がありますが、こちらは葉っぱがバランスを取ってくれるので、何にでも合わせやすいです。

挿し方

blog796ピンの部分は全部お洋服の内側に挿して隠してしまうと、茎がより際立つと同時に、安定感も増します。

キャッチもお洋服の内側で留めてしまえば、前から見えるのは完全にお花だけになってきれいです。

※キャッチが外れて肌を傷つけないように、お気をつけ下さいませ。

ピアス用キャッチ

市販のピアス用キャッチには、パールのものなどいろんな種類がございます。

お花の足元に一粒パールがちょこんといる様子も、かわいいです。

 

試行錯誤の末やっとできた、情熱たっぷりのお花です。是非ご覧くださいませ。


《赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN》

会期:2018年1月17日(水)~23日(火)
場所:新宿伊勢丹本館 2 階 ザ・ステージ#2
時間:10時30〜20時

赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN

1801_蚤の市_新宿

日頃お世話になっている赤坂蚤の市が、期間限定で伊勢丹新宿店に出現します。

Va Plaも一週間参加させていただきますので、年末年始もこのために制作の日々で過ごして参りました。みな楽しみに準備してきたイベントですので、是非お越しくださいませ。

以下、赤坂蚤の市プロデューサーのサイトより抜粋致しました。


概要

アンティークの家具や雑貨、古着やジュエリー、ライフスタイルを彩るクラフトアイテムや作家作品など、さまざまなジャンルの 出店者が集い、毎回多くの人々で賑わう「赤坂蚤の市」が、アークヒルズ アーク・カラヤン広場から新宿伊勢丹本館 2F ザ・ステージ♯2 に場所を移し、初のポップアップショップをオープンします。
会場には、「赤坂蚤の市」に出店している出店者 の中から選りすぐりの23店舗が登場し、1 週間のうち前半と後半で一部店舗も入れ替わります。

出店者との出会いや語らいの中でアイテム 1 つ 1 つの背景にある物語を知ることができるヴィンテージやアンティークならではの奥深さを感じ たり、「宝探し」の感覚でショッピングをすることの楽しさに気付かせてくれます。
「赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN」 は、ファッション感度の高い方が集う新宿伊勢丹を舞台に新しいライフスタイルを提案し、今まで出会ったことのなかったア イテムとの出会いや、人と人との繋がりの場を提供します。


▪「赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN」
▪2018年1月17日(水)~23日(火)
▪新宿伊勢丹本館 2 階 ザ・ステージ#2
▪参加店舗数: 23 店舗 ※前半~20/後半21~で一部出店者入れ替え 。

【BRIDAL】イギリスで結婚式

イギリスで結婚式をされる方の、髪飾りを作らせて頂きました。

お色直しというわけではないけれど、サプライズで途中で振袖で登場したいとのことでした。
日本から振袖を持っていき、当日お母様が着付けをしてくださるとのことで、とても素敵なアイデアだなと想像するだけでワクワクしてしまいました。
ということで色内掛け用ではないし、派手すぎずやり過ぎ感のないサイズで…というご要望でした。

赤坂蚤の市にたまたま見本として飾っていた菜の花の髪飾りが偶然目に留まり、急きょオーダー頂いたものです。
ずっと髪飾りを探していたそうですが、なかなか気に入ったものに出会えず、出発の日にちは迫るばかり。そんな中これだ!と思ってくださったそうで、お互いご縁を感じずにはいられませんでした。

ついでにドレス用の白い小花のピンも担当させていただきました。
急いでいたため実物の写真はございませんが、こちらのチュールの写真の白い小花部分と同じものです。

映画のようなロケーションで、会場など気になりますよね。伺ったところ、ナショナルトラストの古いお城?跡だそうです。

ナショナルトラストとは、イギリスの古い由緒ある建物や美しい土地を、可能な限り本来の姿のまま後世まで残していこうというイギリスの取り組みです。
それにより、音響の制限などいろいろ使用上のルールの範囲内でのパーティーとなったそうですが、このような素晴らしい場所で結婚式を開けたことが、なにより素敵なことですね!

髪飾りはイギリスの方々にもご好評だったそうで、イギリスの伝統衣装であるタータンチェックのスカートを着た男性などみなさんに囲まれて、みんなで髪飾りを見ながら髪飾りについてお話している写真も見せていただき、なんだかホッと致しました。

大切なシーンのためのお花を作る役目をやらせていただけて、心より感謝致します。どうもありがとうございました。

TOP

2017 桜。東京にて。

blog706新緑の鮮やかな季節になりましたが、今年もたくさんの桜を見に行きましたので、そのまとめの写真です。

長い冬が開けると、こんなにも陽射しが明るくクリアになり、桜で街が淡いピンクになる。

外国人の知り合いにはよく「直接的に全く役に立たない木を、(特に食べるなどの具体的目的がない。)たった一、二週間の開花時期だけのために、こんなにも至る所に大切にびっしり植えている国は珍しいのではないか!?」と驚かれますが、それが日本の美意識なのでしょうか?私は桜が大好きです。

Continue reading “2017 桜。東京にて。”

赤坂蚤の市に参加しました。

blog6813/26(日)は赤坂蚤の市に参加させていただきました。

会場の赤坂アークヒルズといえば“桜坂”。
桜トンネルは都内でも有名な桜の名所なので、あわよくば3月の赤坂蚤の市も桜気分いっぱいのムードになるのかな?と数ヶ月前から期待していましたが、当日は朝から一日中雨が降りしきり真冬の寒さへ逆戻りという、厳しい1日となりました。

会場となるアークヒルズ内カラヤン広場は、開閉式ドームを備えていますので、雨の日は屋根が閉まり、傘はささずにゆっくりお買い物をお楽しみ頂けます。また最寄りの六本木一丁目駅から直結なので、地下鉄を降りてから傘は必要ありません。 Continue reading “赤坂蚤の市に参加しました。”

赤坂蚤の市に出店致しました。

2月26日(日)も、赤坂蚤の市に出店させて頂きました。

この日は晴れてはいるもののとても寒く、「いろいろ見たいけど寒くてじっとしていられない!」というお客様のお声もちらほら…。
はりきって桜のアイテムを作り、春待ち気分で臨みましたが、全然そんな感じではありませんでした。

そんな中、お友達がお母様を連れて一緒に来てくれました。お母様は私にとって恩人とも言える特別な方なので、感激しました。
また以前から本当によくして頂いている大好きなお客様もお越しくださるなど、寒さも吹き飛び心温まる一日でもありました。

Continue reading “赤坂蚤の市に出店致しました。”

赤坂蚤の市に出店致しました。

昨日は赤坂蚤の市に出店させて頂きました。
防寒対策ばかり考えていましたが、当日は快晴&風もないお陰で冬のお散歩日和。朝から閉店時間になってもまだまだ、たくさんのお客様で賑わっておりました。

相変わらず周りのお店がそれぞれにおしゃれで見応えがあり、見ているだけでワクワクしてきます。
「一日中ここにいられる!」と皆様おっしゃっていました。

Continue reading “赤坂蚤の市に出店致しました。”

赤坂蚤の市

blog644だいぶ日にちが経ってしまいましたが、12/11は赤坂蚤の市に出店しました。

イベント全体がクリスマスブロカントというテーマだったので、先月に引き続きVa Plaもクリスマスディスプレイにしました。

また普段からこちらの蚤の市はアンティーク雑貨やヴィンテージウェアのお店が中心となっているので、その雰囲気になじむよう意識しています。
お花自体はいつもどおり、アンティークとは関係ない品揃えですが、できるだけ毎回目新しい商品を出したいと思っています。

Continue reading “赤坂蚤の市”

赤坂蚤の市に参加しました。

blog612

2016年11月27日に赤坂蚤の市へ出店致しました。

場所は赤坂アークヒルズのカラヤン広場。

当日は夕方から雨でしたが、ドームになっているので大丈夫。駅からも濡れずにすぐの距離なので、大変便利です。元々おしゃれなカフェなどがたくさんあり、大きなクリスマスツリーのライトアップもきれいでした。

今回はクリスマススペシャルということで、スウェーデン王室御用達の紅茶屋さんやクリスマスのお菓子などクリスマスムード満点でしたので、私も少しクリスマスを意識したディスプレイにしました。

Continue reading “赤坂蚤の市に参加しました。”